彗蒼メタルです。
今回は実際にFDRをプレイされている方から提供いただいたデッキレシピをご紹介します!

■1人目:デリカット三席さん (ブログにて公開中)

■2人目:すーさんさん@suusanGenex 

※すーさんさんからは別途テキストをいただきましたので、以下にてレシピをご紹介いたします。

【LL始めてみましたデッキ】
LLという、ラインビットを用いたカテゴリーのデッキ。
攻撃がラインビットを経由しゲートを飛び越えていくので、遠距離攻撃が可能。


[リーダー]
二階堂 俊

[メインデッキ]

(ユニット)
LL:V-ブイブイブーメラン ×3
LL:紅蓮眼のX-セグメント ×3
LL:カザミドリのW-ファング ×3
LL:カオス教師 ×3
C:氷結の咎人
C:強襲するスカイジェム ×2

(アドイン)
LL:ラインビット-α- ×3
LL:ラインビット-ベータ- ×3
LL:ガトリング・ショット ×3
LL:フィアンケット・ライン ×3
C:シルバーバレット ×3
C:db-ハサミンシザー ×2
C:パルスカノン ×3
C:クレイモアキャノン

(トリガー)
LL:ビート・ビット・バーン ×3


[解説]
LL始めてみました。
とりあえず、LL関係のカードはすべて3積み。
その上で不足してるなーと思ったカードを採用してみた感じです。


・奇襲ユニット&除去カードの採用
LLは理想的なビット配置・ユニット配置に時間がかかる、という印象を受けました。
1ターンの猶予も許されない場合に即攻撃できるユニットとして、強襲するスカイジェムや氷結の咎人を採用しました。
リーダースキルを使うことも多いので、氷結の咎人の方がいいかもしれません。(枚数不足のため断念)
同様の理由で、パルスカノンやクレイモア・キャノンを採用しました。


・LLユニットの打点・攻撃範囲拡張
ビットの反射で攻撃力を上げることはできますが、反射回数が足りずユニットを倒しきれない。
または、ビットに攻撃が届かない、といったことが発生。
db-ハサミンシザーでこの問題を解決を狙いました。


・手札不足解消
ビットはあるけど殴れるLLが無い!BPに眠ってしまった!
という時に使えると思い、シルバーバレットを採用。
二階堂 俊がリーダーならばBPは1枚あれば良いし、ビットがBPになるし、大丈夫だろう、と。




・戦い方の再検討中
理想的なビット配置とユニット配置に時間がかかるので、理想を狙わない戦い方の模索中。
奇襲付きのLLユニットがいると、一気に速度が上がるので、奇襲付加のカードの採用ができれば。
リーダーをアルケミック・シグマにすると、今度はビットの配置が遅れるし、自由配置がし辛い。
LLユニットをセットし、次のターンにビットをいきなり狙い出すという疑似奇襲もありかも。
まだこの戦術で戦ったことがないので、今後の検討材料。

 

ご提供ありがとうございました!
デッキレシピについては引き続き募集をしております。
ご提供いただける方は@spiritedgeへDM頂くか、お問い合わせページよりご連絡ください。