フラグメントディグレインの『生成されたとき宣言できる』と書かれた効果の処理方法について解説します。

《カオス教師》

【生成時の任意効果】

このカードがコストを消費して宣言されたとき~して宣言できる。

《カオス教師》はコストを消費して生成された場合に任意で効果を宣言できます。
この際何もなければそのまま効果を適用しますが、チェイスや永続効果等で以下の状態になった場合この効果は無効となります。

【1】効果を宣言したカードがゲートから存在しなくなった時
【2】『効果を無効にするカード』等で効果そのものを無効にされたとき

効果を宣言したカードがゲートから存在しなくなる

《アルケミック・シグマ》のリーダースキルで『アクティブ特性』を与えられた《カオス教師》を生成した場合、効果宣言のタイミングで相手は《奇襲戦術》をチェイスすることが出来ます。

《奇襲戦術》

アクティブ特性を得たユニットが生成されたとき宣言できる。
そのユニットのゲートにあるカードを全て破壊する。

その際の処理は以下の通りとなります。

【チェイスの流れ】
【1】アクティブ特性を得た《カオス教師》の効果が宣言される。
【2】《奇襲戦術》の条件を満たしたので《カオス教師》を対象に発動。

【効果処理(逆に処理する)】
【1】《奇襲戦術》の効果で《カオス教師》を破壊する。
【2】《カオス教師》の効果処理だが、カオス教師がゲート上に存在しないため効果が無効になる。

類似の事例として《バネトラップ》や《ビートビットバーン》(効果宣言時に使用して相手のカードを破壊した場合)等でも発生します。

効果そのものを無効にされた場合

効果処理時にゲート上に存在していたとしても、他のカードによって効果を無効にされた場合は適用されなくなります。

影響範囲を指定するカードの場合

カードの中には『隣接ゲート』や『このカードの下』という、自身がゲート上に存在している上で適用される効果があります。
これらも上記と同様、効果処理の段階でゲート上に存在しなければ無効となります。