割込み効果とは?

フラグメントディグレインには【割込み効果】と呼ばれるものが存在します。

《エネルギー・タンク》

【割込み効果】
このカードを破壊したプレイヤーは、デッキからカードを2枚ドローする。

※テキスト抜粋

割込み効果は、一連の効果処理の途中であっても条件を満たせばすぐに適用できる効果となります。※以下に例を記載します。

●【事例】エンダーリセットでエネルギー・タンクを破壊

《エンダーリセット》

エンダーリセットは、特定の条件を満たすことで使用できるカードです。
ゲート上のカードをすべて破壊してお互いカードを3枚ドローします。

処理としては以下の順になります。

《エンダーリセット》の処理方法

【1】エンダーリセットの効果でカードをすべて破壊する。
【2】お互いにデッキからカードを3枚ドローする。

上記でゲート上の《エネルギー・タンク》が破壊された場合、処理は以下の通りになります。

【1】エンダーリセットの効果でカードをすべて破壊する。
【2】エネルギータンクが破壊されたため『割込み効果』を適用し、破壊したリーダーはデッキからカードを2枚ドローする。
【3】お互いにデッキからカードを3枚ドローする。

このように、一連のカードの処理を無視して効果が割込む形になります。

割込み効果の処理と扱い

割込み効果は以下のような特徴を持ちます。

●カードの『使用』としては扱わない

割込み効果は通常のカードの使用としては扱いません。
そのため、カードを使用した際に適用する効果や、1ターンに2枚の手札使用制限は適用されません。

●『強制の割込み効果』と『任意の割込み効果』

割込み効果には、強制的に適用されるものと自分で選択できるものがあります。

《毒海蟲-セルヴァ》

【強制の割込み効果】

最新のテキストには強制効果であることが明記されています。

旧テキストの場合は『~する』という文章になっています。

《コンティニュー》

【任意の割込み効果】

コンティニューの割込み効果は『~できる』となっています。
この場合、その割込み効果の条件を満たした段階で使用する・しないを任意で選択できます。

※《コンティニュー》は割込み効果しか持たないカードのためカードの使用として扱わずに効果を適用できます。
例えば『トリガーが使用されたとき宣言できる』といったような効果を、このカードの適用時に使用することはできません。

同時に複数の割込み効果が適用される場合

複数の割込み効果が適用される場合は、基本的に以下順番に従い効果を適用します。

●優先順フロー

1:ターンプレイヤーの強制   
2:相手プレイヤーの強制   
3:ターンプレイヤーの任意
4:相手プレイヤーの任意

基本的に、そのターンのプレイヤーが先に効果を適用します。
例えば『1:ターンプレイヤーの強制』が2種類と『4:相手プレイヤーの任意』が3種類同じタイミングで適用される場合は以下の順番で処理します。

【1】ターンプレイヤーの強制効果1
【2】ターンプレイヤーの強制効果2
【3】相手プレイヤーの任意1
【4】相手プレイヤーの任意2
【5】相手プレイヤーの任意3

同じタイミングかつ同じ優先度のものは、そのプレイヤーが好きな順番で適用できます。