異端者『ニーグレッド』

■種類

BP

0/0
HP

3600
■イラスト

ゆきむし

テキスト

リーダースキル – なし】
【1/永続
この リーダー は通常のドローでカードを2枚引くこともできる。

【2/任意
自分の メインフェイズ 開始時に1度、現在 HP を1000減らして以下から1つを選択し 宣言 できる。
●この ターン 手札から出せるカード枚数を1枚増やす。
ロスト されているカード2枚を持ち主の フラグメント に戻す。
●自分の フラグメント に存在するカード1枚を選択し、リーダー の同一 ゲートロックセット する。

FAQ

Q
このカードの【1】【2】の効果は リーダースキル ですか?
A

いいえ、リーダースキル ではなく、リーダーの効果 として扱います。

《アリューヴァの独眼》が存在する場合でもこの効果は失われず、さらに追加で得た リーダースキル宣言 できます。
《アリューヴァの呪口》が存在する場合、相手 リーダーリーダースキル を失い、自分は相手の リーダースキル宣言 できます。

リーダースキル を使い リーダーフリーズ した ターン であっても、【2】効果を 宣言 できます。(2021.10.07)

Q
ロスト されているカード2枚を持ち主の フラグメント に戻す」効果で相手の ロスト からカードを フラグメント に戻すことができますか?
A

はい、戻すことができます。
自分または相手の ロスト から合計2枚を持ち主の フラグメント に戻します。

ただし、お互いの ロスト の合計枚数が1枚以下の場合にはこの効果を選ぶことはできません。(2021.10.09)

Q
このカードの【2】効果と《db-アクイレギア》の【3】効果はどちらも「自分の メインフェイズ 開始時」を条件とする 任意 効果ですが、両方の効果を 宣言 することはできますか?
A

はい、両方の効果を 宣言 できます。
両方とも 宣言 する場合は チェイス を組まず、1つずつ 宣言 して効果処理します。

《db-アクイレギア》の効果を先に処理した場合は手札から出せる枚数が3枚になったあと+1枚され、合計4枚まで出すことができます。

《異端者『ニーグレッド』》の効果を先に処理した場合は手札から出せる枚数が+1枚され3枚になり、既に3枚出せるため《db-アクイレギア》の効果は不発となります。
この場合は合計3枚まで出すことができます。(2021.11.09)

Q
アサルトルールでは通常のドローが1~2枚となりこのカードの【1】効果と重複しますが、イグニッションルールでも通常ドローを1~2枚にすることができますか?
A

はい、可能です。
【1】効果はイグニッションルールでも適用され、アサルトルール同様に通常のドローで1~2枚ドローできます。

アサルトルールはこのカードの【1】効果で通常ドローが1~2枚になっている前提でルールを説明しております。(2021.12.02)

収録シリーズ


Illust:ゆきむし
Blazing Assault★★★★★

Illust:ゆきむし
Blazing Assault★★★★★